山奥ピエール

そもそも不特定多数に公開する気がなかったが故に自己紹介する記事すら作ってなかった。幾分遅すぎる気もするが、ここで書いておく。

 

私は山奥ピエールである。NPO共生舎で厄介になっている山奥ニートの一人で、小説を書きたいと思っている。

 

ここで書けることがこの程度しかない。じゃあ別に自己紹介記事要らない気もする。

共生舎に来るまでの来歴とか書くべきなんだろうけど、個人的にあまり書きたくないな。

共生舎は私が思うに、創作者にとってある意最高の作業場だ。ここなら思う存分、自分の好きなように作業できる、と思う。


現にブイブイブログのG先生なんかはすでに4コマ漫画をブログに上げていらっしゃる。すばらしいことだ。私も見習って、早く本文を上げたい。

そういえば昨日はバナシ先生とG先生と私との三人で、創作家特有の優雅な会話を深夜まで愉しんでいた。やはりクリエイター同士でたわむれているのが凄く楽しい。主にスポーツモノを書く際の話をしていて、私はほとんどのスポーツに興味を持たないタチだが、それでも楽しかった。あれほど笑ったのも久しぶりだった。

話していて思ったが、バナシ先生は非常に安定感があってさらに頭の回転が速い、G先生は発想センスの高さと瞬発力が高い。私は二人に比べればまだまだだなあ、と思う。精進していきたい。

広告を非表示にする