時間遡行記事

6月13日、6月14日と、私はネットから隔絶された状態にあった。共生舎のルーターがへそを曲げたせいである。

 

6月13日は深夜0時に記事を出したからいいが、6月14日は出せなかった。しかし投稿予約してあった6月15日の記事は普通に投稿されてしまうという。

 

まあー13日の私は酷かった。過酷な仕事を終えて意気揚々と帰ると、ネットがつながらないのである。絶望。言ってみれば、故郷を守るために戦争へ赴いた青年が、いざ帰ってきたら爆弾で吹き飛ばされて故郷が跡形もなく無くなっていたみたいな心境であった。

 

荒れた。端的に言って荒れた。

 

ルーターとPCを有線で繋いで何とか復帰させようと四苦八苦していたが、つながらず。その場で色々いじくった挙句、少し反応があったように思えて「あっ!」と言ったとたんにそばにいたJさん(仮)に「ピエールに電波通った」と茶化されて怒り。

 

結局繋げられず、ブログの連続投稿記録が破れることに恐れを抱き、荒れに荒れた。とくに関係ないけど八つ当たりとしてAさん(仮)の眼鏡を指紋だらけにしようとしたりした。

 

最終的には年下の子たちから気遣われた。ネットのつながらないのはみんな一緒だというのに。これは酷い。

 

逆に2日目となれば菩薩のごときありさまだった。心が波が立たない。いわゆる平穏。静寂。

 

ちょっとした無我、無心、無何有の境地に至っていた。あの時の私なら悟り開けたかもしれない。

 

と、まあ、電波が通じないだけで人間こうも精神が上下するものかと思い知ったありさまだった。

 

それで、この記事は14日の日付だが15日に投稿したものである。よって時間遡行記事。これからもちょくちょく電波が通じなくなる可能性があり、その都度更新できなくなるだろう。別に山奥が滅びたわけでも私が死んだわけでもないので心配なされぬよう。

 

あと、14日に上げるはずだったアナログゲームの記事は来週に延期ということで……誠に申し訳ない。

 

お仕事についてはまた後日のブログで。

広告を非表示にする