共生舎俳句部「七夕の句」

共生舎の俳句ブーム廃れた感がある。はぁ……。

もはや俳句を詠んでいるのはほとんど私だけだ。もうみんな俳句は良いのか? 俳句詠もうぜ……詩句を嗜むことは生活を豊かにするよ。ホント……

 

 

 

【秋雷】

 

・七夕や腕降り歩く小学生

コメント:七夕に意気揚々と腕を振って登校する小学生。何を願うのだろうか。

 

・七夕やエンピツの芯折り飛ばし

コメント:筆圧高く。短冊に書く文字は果たして?

 

・文机の傷数えけり星祭

コメント:長く親しんだ文机。傷すらも愛おしく思える。馴染んだ道具とはそういうものだ。

 

・帰り道足よ急げや星祭

コメント:ううん、微妙。星祭じゃなくても何でも成立する気が……

 

・風呂上り牛乳の飲む子星祭

コメント:どうも自分は七夕=子供というイメージが強いようだ。

 

・織姫やどう口説くかと思案せり

コメント:そもそも女性を口説いたことがないくせして。

 

・織姫や縁側で一人爪を切る

コメント:上の句との落差よ。私はこっちのほうがなじみ深い。

 

・天の川泳ぐ気概はないものか

コメント:ユーモラスな句は総じて川柳っぽくなる。季語の働きとは。

 

・天の川メール打つ指ふと止めて

コメント:君になんて伝えたらいいんだろう。青春っぽい句。らしくない。

 

・天の川濃いコーヒーの香りけり

コメント:星を茶請けにコーヒーをすする。贅沢じゃないか。

 

はい。これだけ。

七夕の句、1名から10句のみ。もうこれ部活じゃないし……

 

 

まあ、七夕っていうテーマが悪かったのかもしれないなと思う。

次のテーマは「夏の風」だ。七夕などの季節の行事よりは詠み易いはず。

 

蝉鳴けど鳴けども孤独身に染みけり          秋雷

次はもっと参加してくれます様。いや、さすがに今回だけでしょこんなの……

広告を非表示にする