ずっと三人称系にこだわってきたが

一人称小説のが書きやすいし描きやすい気はする。うーむ。

 

客観的に描き出すタイプの小説が好きなんだけどなー。読むのと書くのでは違うなってすごく実感する。読む上での好みと書く上での好みは乖離している……。

 

思えば主人公の内情とかそれ系をやたら書きたがる時点で一人称確定なんだよなー。

 

でも、三人称の書き口の方が読んでて気持ちいんだよなー。私の筆に合わないだけで……はぁ……辛い……

 

一人称型三人称ってあるけど、さらに一人称を強めたハイパー一人称型三人称小説でも書いてみるか? それ拙くなるだけか? うーむ……。

 

独自の文体とか研究してみたいけど、そもそも文体以前の問題が山積みなんだよなあー……。

 

夜がしんしんと冬で染められていく             秋雷

広告を非表示にする