ネズミとカビ

 

yaba-raiko-shusaku.hatenablog.com

 この時にネズミを駆除するも、実はわずか1日後に部屋に侵入を許してしまっていた。それも私の目の前で。

 

 

がりがりと言う音が聞こえたため、扉の方を振り返った。閉じられた扉から、身体をねじ込んで入ってきていた。閉じた扉のあるかないか程度の隙間でも侵入できるようだ。凄まじい能力である。

 

そもそも私の部屋の壁には狸くらいなら出入りできる程度の大穴が空いているのだが……そこから入ってくればいいものを……

 

これは無限だな。と思った。キリがない。

 

ネズミについてはいったん諦めた。

 

 

さて、話題が変わるが、今日は私にとっては大掃除の日であった。段ボールに詰めた冬服を広げて見てみればまあ見事にカビていたのだ。カビ。

 

まさか段ボールに収納してあった服がカビるというのに驚愕だった。ええ……濡らしていたわけではないのに……。湿度の高さだけで服がカビるという世界だ。どうしようもない。

 

段ボール防御性低すぎる。

 

とりあえず段ボールはダメだなということで、洋服入れをガラクタからひきずりだしてきて、洗って、今は干してある。明日早朝から洗濯機を回して、干せるだけ干して、昼辺りから天気が崩れるらしいからその辺りで回収という運びになろう。

 

ついでなので要らない段ボールとかを壁の大穴にあてがったり、収納を片付けたり色々働いてた。溜まっていた段ボールが割と片付いたので、空いたスペースにネズミほいほいをしかけた。

 

 

で、夕食後、自然乾燥にまかせている洋服入れを見ればネズミの糞が……ええ、さっき洗ったばかりなのに……。

 

怒りのままネズミほいほいを確認すると、案の定かかっていたという。仕掛けてからわずか数時間でかかるという。

 

愚かである。所詮、齧歯類か。

 

黴の住む部屋を間借りしたるわたし            秋雷     

 

もうなんかこの部屋さまざまな障害が多すぎるなあ……猫でも飼いたいわ……カビは除湿器で何とかならないか……ならないかなあ。除湿器で勝てる気がしないんだよなあこの湿度……

 

なお今までにカビたもの。衣類全般、紅茶のティーバック、ベルト、筆箱

、あとpomeraDM100。

広告を非表示にする